EO Osaka会長からのメッセージ

第7期 EO Osaka 会長 藤田 修嗣 西部商工株式会社 代表取締役

成長意欲を持ったメンバーが事業成長とEO活動を通して、更なる高みを目指すリーダーになる!!

EOとは

EO – Entrepreneurs Organizationは1987年「世界で最も影響力のある起業家コミュニティーを創造する!」というビジョンを掲げ、アメリカの若い起業家グループによって設立されました。今では世界48か国、150の支部に分かれ12,000人以上のメンバーが世界中でビジネスの成長、人としての成長に意欲をもって活動しています。

EOのミッションは“To Engage Leading Entrepreneurs to Learn and Grow”―「リーダーとして時代を切り開く企業家が関わりあうことで学び成長していく」というものです。

つまりお互いが「ライバル」でありながら「仲間」でもある経営者達が、共に学び、 刺激し合いながら、より良い未来を創造していくというベンチャー精神そのものなのです。

日本では20年前EO Japan(現EO TOKYO)が設立されました。毎年メンバーも増加し、今ではEO Tokyoが230名、New Yorkについで世界No.2のメンバー数を有する支部となりました。現在日本でEO Osaka、EO Tohokuの3つの支部を合わせて300名以上のメンバーが参加しています。

我々はビジネスリーダーとして、事業成長はもちろんのこと、人としての成長、家族の一員として、そして地域コミュニティーのメンバーとして、「360°成長」を合言葉に世界中で活動しています。

EO OSAKAについて

2010年7月「関西をアジア経済のハブにする!」という高い志をもって関西の起業家達がEO OSAKAを設立しました。我々はこの大きなビジョンを心に刻み、「グローバル基準」を合言葉に世界中に飛び出して学び、成長してきました。当初は海外メンバーから「Where is OSAKA?」という怪訝な顔をされたこともあり、大阪の知名度が低かったことに正直衝撃を受けました。

そこで最初の5年間は、メンバー全員が海外イベントに年に一度は参加するというルールを設け、海外での存在価値を高めてまいりました。その結果、今では世界中のメンバーが“OSAKA”と笑顔で我々に近寄ってきて握手を求めてくれるようになりました。その集大成として昨年9月、「EO Osaka University 2015」という4日間の学びと体験イベントを誘致することに成功しました。4000米ドルもするイベントチケットは即完売、世界中から400名の起業家を集結させることが出来たのです。

また、年間を通しては、講師を招いての月例会、6-8名の少数グループで行うフォーラム、海外イベント、個別の勉強会、家族向け感謝祭など様々な活動を通しEOのミッションを遂行しております。

なぜEOなのか?

経営者団体は世の中に多数存在します。 業界団体、地域の商工会、同世代経営者の集いなど大きなものから少人数のものまで。その中でも我々EOはベンチャースピリットを持った人物が「学び、成長する」場であることに徹底的にこだわっています。成長意欲を持ったメンバーが「事業成長とEO活動を通して、更なる高みを目指すリーダーになる」ことが大前提としてあるのです。

そんな仲間達との関わりを通して、相互に学びと刺激を与え合い、リーダーとして、一人の人間として己の壁をぶち破る機会がある、それがEOだといえます。しかもそれは関西という小さなエリアにはとどまりません。言語は違えど共通の言葉と価値観を持った仲間達が世界中に存在し、惜しみなく経験シェアをしてくれます。

EOが提供するプログラムは多岐にわたります。経営やリーダーシップに関するプログラムはもちろんのこと、IPOを目指す経営者へのメンターシップ制度、世界中で企画される”Once in a Life Time(一生に一度きり)の体験イベント、家族向けのプログラム、例えば子供達の交換留学やインターンシップの機会、インターナショナルな組織でリーダーのなかのリーダーとして活躍できる機会が提供されています。

我々EOメンバーは本人が求めない限りアドバイスを禁止します。あくまでも経験シェアを分かち合う、「信頼と尊敬」が担保された人間関係が自然と成立する、そんな仲間たちがここにはいます。孤独を味わう経営者にとって、同じ言葉で語りあえる一生涯の友となる仲間達がここにはいるのです。

求めれば必ず応えてくれる、EOにはあなたがリーダーとして、経営者として、人間として魅力ある人に成長できる機会があります。「共に成長し関西をアジア経済のハブにして行こう!」という熱い情熱と高い志を持つ仲間の参加をお待ちしております!