EO Osaka規約

第1章 総則

第1条(名称)

本会は、EO Osaka (以下「本会」という。)と称する。

第2条(目的)

志高き起業家を結集し、関西をアジア経済のハブとするために、関西を中心とする西日本の起業家が交流、切磋琢磨することを目的とする。

第3条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 1. 会員間の交流を図る会合等の事業
  2. 2. 会員間の学びとなる講演会やフォーラム等の事業
  3. 3. 会員の事業成長を促進するための支援等の事業
  4. 4. 会員の国際交流を図るための海外チャプターと連携した各種事業
  5. 5. その他、EO本部が必要と定める事業

第2章 会員

第4条(会員)

  1. 1. 本会に入会したものは全て会員であるが、年商に応じて会費、サービスを区分する。ただし本規約においては、便宜上、年商1億円以上の会員をグローバル会員、年商1億円未満の会員をローカル会員と称する。
    1. 1. グローバル会員は、上記に第3条まつわるすべての事業に参加することができる。
    2. 2. ローカル会員は、上記第3条のうち別途理事会等で定める一部の事業に参加することができる。
  2. 2. グローバル会員は、1会員につき1個の議決権を有する。ローカル会員は議決権を有しない。
  3. 3. 本会は、7月1日付の会員名簿に登載された議決権を有するグローバル会員をもって、その事業年度の総会において権利を行使すべき会員とする。
  4. 4. グローバル会員として入会し、その後年商1億円を割った場合、その期を含む2期にて1億円を回復しなければいけない。回復しない場合は退会しなければいけない。
  5. 5. ローカル会員は入会時を含む2期にて年商1億円を超過しなければいけない。超過しない場合は退会しなければいけない。
  6. 6. ローカル会員はEOグローバルならびに各チャプターが主催する各種の国際イベントに参加することができない。
  7. 7. グローバル会員が、倒産または代表を解任された場合、事業を売却するなどして筆頭株主で無くなった場合、または年商が1億円を下回った場合、理事会の承認を経て、下記の猶予期間に限り、会員として継続出来る。
    入会後5年未満の会員:翌期の1年間
    入会後5年以上の会員:翌期から始まる3年間
    猶予期間が過ぎた場合は、退会しなければいけない。
  8. 8. 出産及び出産後の育児期間は休会を認める。育児期間は自己申告とし、理事会で承認する。ただし、休会中も年会費は発生する。

第3章 役員

第5条(役員)

本会は、次の役員をおく。

  1. 1. 会 長  1名
  2. 2. マーケティング・コミュニケーション理事  1名
  3. 3. フォーラム理事  1名
  4. 4. ラーニング理事  1名
  5. 5. メンバーシップ理事  1名
  6. 6. ファイナンス・GSEA理事  1名
  7. 7. インテグレーション理事  1名
  8. 8. インターナショナル理事  1名

第6条(役員の選任)

  1. 1. 次期会長は、前期会長、前々期会長の2名によって、現理事の中から選任する。
  2. 2. 次次期会長は、前期会長、現会長の2名によって、現理事、次期理事の中から選任する。
  3. 3. 各理事は、会長が指名する。

第7条(役員の職務)

  1. 1. 会長は、本会を代表し、業務を統括する。
  2. 2. マーケティング・コミュニケーション理事は、会員同士が相互に理解し、また会の活動について理解を深めるために会員に対して情報を提供する。また、対外的な会の認知度を上げるために、広報活動を行う他、海外の他チャプターとの交流の窓口を担当する。
  3. 3. フォーラム理事は、フォーラム活動におけるメンバーの割り当て、フォーラムトレーニングの実施、理事会方針の各フォーラムへの情報伝達をおこなう。また、フォーラム活動における各種の相談、問い合わせの窓口となる。
  4. 4. ラーニング理事は、年間月例会開催方針を策定し、各月の実施内容の企画を行う。また、各月の実施においては、月例会実施の告知、出欠確認並びに当日の司会進行を行う。
  5. 5. メンバーシップ理事は、参加希望者のスカウティングならびに面接を行う。また、会員情報の管理を行う。
  6. 6. ファイナンス理事は、本会の予算を策定し理事会の承認を得るとともに、予算管理ならびに会計一切を行う。
  7. 7. GSEA理事は、学生起業家をスカウティングならびに面接を行う。またアジア大会、グローバル大会へ学生起業家を送る担当とする。
  8. 8. インテグレーション理事は、月例会を除く、会員同士が親睦を深め、また学びを得るための各種イベントの企画運営、その他会員がより会にコミットを深めるための活動を行う。
  9. 9. インターナショナル理事は、グローバルが主催するイベントへの参加の促進をはじめ、及びグローバルメンバーと会員同士のコミュニケーションの促進を行う。

第8条(役員の任期)

  1. 1. 役員の任期は、1事業年度とする。ただし、再任を妨げない。
  2. 2. 補欠または増員により選任された役員の任期は、前任者または現任者の在任期間とする。
  3. 3. 役員は、任期満了の場合においても後任者が就任するまでは、前任者がその職務を行わなければならない。

第4章 総会及び理事会、委員会

第9条(総会)

  1. 1. 総会は、グローバル会員をもって構成する。
  2. 2. 総会は、会長がこれを召集する。
  3. 3. 総会の議事運営は、会長が主宰する。

第10条(総会の議決事項)

総会は、この規約に別に定めるもののほか、次の事項を決議する。

  1. 1. 事業方針の決定
  2. 2. 事業報告及び収支決算の承認
  3. 3. 規約の変更
  4. 4. その他の本会の運営に関する重要事項

第11条(総会の議決)

総会の議事は、総議決権数の過半数以上をもって議決し、可否同数の場合は、会長の決するところとする。

第12条(理事会)

  1. 1. 本会に理事会をおく。
  2. 2. 理事会は、会長及び理事をもって構成する。
  3. 3. 理事会は、第3条に定める事業の執行に関する企画、立案を行うとともに次の事項を議決する。
    1. 1. 総会に付議すべき事項
    2. 2. 総会の議決した事項の執行に関すること
    3. 3. その他総会の議決を要しない業務の執行に関すること
    4. 4. 理事会は、月1回開催される。
    5. 5. 理事会の議事運営は、会長が主宰する。

第13条(委員会)

  1. 1. 本会には、必要に応じて委員会をおくことができる。
  2. 2. 委員会の構成、設置及び運営に関して必要な事項は、理事会の議を経て定める。

第5章 フォーラム

第14条(フォーラム)

  1. フォーラム運用におけるルールは、別途定めるものとする。

第6章 会計

第15条(経費)

  1. 1. 本会の運営に要する費用は、グローバル会員およびローカル会員が納入する会費及びその他収入等をもってあてる。
  2. 2. グローバル会員の年会費は、ローカルFee 32万円 + Global Fee US$1,900(*)とし、ローカル会員の年会費は ローカルFee 32万円とする。
    また入会費は、グローバル会員、ローカルFee 15万円 + Global Fee US$2,200(*)とし、ローカル会員の入会金は、ローカルFee 15万円とする。
  3. 3. 年度の途中で年商1億円を超えた場合は、翌年度より会費を変更する。
  4. 4. 会費は年会費制とし、理由の如何に問わず途中退会の返金は行わない。
  5. 5. 会費は、前事業年度末までに納めるものとする。途中入会の際は、入会手続きと同時に納めるものとする。
  6. 6. 年度の途中で加盟した会員は、下記の通り在籍月数に応じて納入するものとする。
    4~6月入会の場合は、翌期分の年会費も入会時に納入するものとする。
    (ローカルFee 7-9月:32万円、10-12月:24万円、1-3月:16万円、4-6月:8万円)
    (Global Fee US$1,900×在籍月数/12 で算出。)

*現在の平均為替+手数料を見込んだ、固定相場(ex 1$=125円)を設定します。為替の影響により変動する場合があります。

第16条(事業年度)

本会の事業年度は、毎年7月1日に始まり、翌6月30日に終わる。

第7章 事務局

第17条(事務局)

本会の事務局は、会長の本社所在地に設置し、本会の庶務を選任する。庶務は会長の管理下とする。

第8章 補足

第18条(その他)

このほか、この規約に定めのない事項は、理事会の議を経て会長が別に定める。

附 則

  1. 1. この規約は、平成27年7月1日から適用する。